爪を考える

爪や皮膚のことを考える

ネイルをする前に、爪をやすりがけすることは基本とされています。凸凹を無くすことによって、綺麗な仕上がりにすることが可能となります。しかし、削りすぎるとと爪を傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。 爪の削りすぎは、爪が薄くなってしまう原因となります。薄い爪にはネイルが塗りづらく、色がうまく反映されません。また、爪が剥がれてしまいカビなどが発生し、感染症の原因にもなってしまいます。 ジェルネイルの場合は、ジェルが皮膚に付着しないように注意することも大切です。ジェルが皮膚に付着することで、火傷の原因になります。もし付着してしまった場合は、早めに拭き取ること必要があります。痛みを長く感じる場合は、しばらくはネイルを休むことが大事です。

上手に扱うための様々な工夫

久々にネイルをしようと思ったら、ネイルの中身が固まっていたというケースは多いです。特に、自宅でネイルをする人に非常に多いです。折角塗ろうと思ったのに固まっていては、何もできません。そこで、簡単に固まりを解消する方法があります。 基本的には、うすめ液という固まりを戻すための商品を使用します。うすめ液を所持していない場合は、目薬で代用することができます。ネイルに目薬を数滴入れて少しかきまぜるだけで、元通りになります。 また、固まって蓋が開かなくなってしまうという問題も多いです。このようなことを避けるためにも様々な工夫があります。使用後は蓋を閉める前に、除光液でボトルの首を拭くと良いです。これだけでも持ちが長くなるといわれています。